❝ ドコモの翻訳の歴史 ❝

~「人と人をつなぐ翻訳」もこだわったドコモの技術開発~
■2011年通訳電話サービスの研究・開発に取り組む
■2011年11月通訳電話サービスの試験提供開始(1回目)
■2011年6月          "        (2回目)
■2012年6月「メール翻訳コンシェル」リリース
■2012年10月「うつして翻訳」リリース
■2012年11月「はなして翻訳」リリース
■2014年12月「Jspeak」リリース
■2015年11月「てがき翻訳」リリース
■2016年6月「話して翻訳 for Biz」提供開始
■2016年7月「話して翻訳 for Biz プレミアム」提供開始

❝ 「ドコモの翻訳」の特徴 ❝


~個人も法人も。寄り添ってともに言葉の壁を超えるサービスを提供~
この国でコミュニケーションを生業とするドコモがお客さまに提供する価値は、「いつでもどこでもだれとでも」。その価値は言葉の壁、国の壁を越えていくものでなくてはいけないと考えています。
ドコモは「翻訳」を、言葉から言葉への変換作業ではなく、人と人をつなぐツールととらえています。 "だれ"と"だれ"をつなげようとしているのか。その利用シーンへのこだわりが、「ドコモの翻訳」の特徴です。個人・法人それぞれに寄り添った翻訳サービスを実現しています。
言葉を壁を越え、アクティブに活動するユーザーをサポートする個人向けサービス
    ◆はなして翻訳
    現地で道を尋ねたり、外国語のメニューを見て注文したり、電話でお店の予約をしたり。。。と海外旅行中のあらゆるシーンを想定しています。

    外国人と向かい合って自然に会話できる画面設計。
    電話機能も備えているので、海外にいる友人との通話や旅行中のお店の電話予約、などにも対応できます。

    外国語のメニューや、看板・新聞などを解読したいときには画像翻訳機能が便利。 撮影すると、写真内の文字を認識し翻訳できます。 過去に撮影した写真の翻訳も可能です。
    外国語で届いたメールの翻訳にも。
    ◆てがき翻訳
    タブレットやスマートフォンに手書きされた文字を認識して翻訳する、「てがき翻訳」サービスは、絵や画像も挿入できるので、地図による道案内や、写真を用いた説明などバリエーション豊かな翻訳を可能にします。
    増加する訪日外国人へのおもてなしを言葉の面からサポートする、法人向けサービス
      ◆はなして翻訳 for Biz
      訪日外国人の急激な増加に伴い、インバウンド対策として欠かせないのが外国語接客への対応。 ドコモの「はなして翻訳 for Biz」は、そのような接客シーンでの翻訳に特化した機能を備えています。
      ・10か国、14種類の言語に対応
      訪日外国人の約9割をカバー。
      英語3種類(米・英・豪)、中国語3種類(北京・台湾・広東)を含む14種類の言葉にきめ細かく対応。
      ※2016年日本政府観光局(JNTO)の調査結果に基づき、ドコモ算出
      ・業種別の頻出フレーズを定型文にできる
      小売業に特化した定型文には、「免税」や「会計」といったインバウンド対応には欠かせない分野をカバー。 また、お客さまごとに必要な定型文に編集も可能。
      ・言葉であきらめない。困ったときのオペレーター対応
      詳細な説明が必要なとき、トラブル時には4か国語に対応した通訳コールセンターを呼び出せるオペレータ通訳機能が便利。 (オプション)テレビ電話を通じて、通訳者が対応。
      自社サービスに翻訳機能を付与したい。
      そんな法人様のインバウンド対策を支える法人向けASPサービス
        ◆はなして翻訳 for Biz プレミアム
        年間2400万人を超え*、訪日外国人の数は過去最高を更新しています。 あらゆる業種でインバウンド対策が急務となっており、自社サービスに翻訳機能がほしい、というニーズは高まっています。 そのようなお客さまに向けて「ドコモの翻訳」がこれまで培った自動翻訳機能を提供し、お客さま独自の翻訳サービスとして提供することを可能にするのがこの「はなして翻訳for Bizプレミアム」です。
        ・翻訳エンジン、ベンダー探しはもう不要!ドコモがワンストップでご提供。
        翻訳サービスを一から構築するためには、翻訳ライセンサー探し、翻訳エンジンの選定など多くのプロセスが必要です。 「はなして翻訳for Bizプレミアム」なら不要に。ドコモがワンストップで提供します。
        ・翻訳アプリの開発・提供ノウハウも豊富
        既存サービスに翻訳機能を組み込む技術やリソースがなくても安心。 ドコモがこれまでの翻訳アプリ開発・提供により培ったノウハウで、サポートします。
        ・24時間/365日の安心サポート
        導入後の十分な保守体制を組むのが難しい。。。そのようなお悩みも解決です。 「はなして翻訳for Biz プレミアム」にご契約頂くと、システムの保守はドコモが24時間365日体制で対応します。
        *2016年度 日本政府観光局(JNTO)調べ

        ❝ 「ドコモの翻訳」がめざすもの ❝


        ~2020年のおもてなしを言葉の面から支える~
          ◆はなして翻訳 for Biz プレミアム
          今も増えつづけている訪日外国人のお客さま。 インバウンドの波はもはや日本各地にまで届いています。 日本各地、それぞれの土地がもつ魅力を思う存分味わってもらう。 そのために「ドコモの翻訳」が、言葉の壁を超えるお手伝いをします。
          そして世界各国からの訪日客であふれるであろう2020年の東京。 まさしく世界中の人が日本に注目し、また日本にやってきます。 そのあらゆる時間、あらゆる場所、あらゆる人の"おもてなし"を言葉の面から支えたい。 言葉だけでなく、気持ちを伝えるための「翻訳」にドコモはこだわります。
          そのための方向性の一つはお客さまに寄り添う翻訳。業種ごとに必要とされる辞書や文例を学習させ、ドコモの翻訳精度を進化させ続けます。

          さらにドコモは、その先を見据えています。 2020年のその先には、もっともっといろんな場所、いろんな目的で翻訳が必要となる。 その頃には、世の中のあらゆるもの、家中のあらゆるものが翻訳し始めてもいいのでは? そのような夢の翻訳の世界を、ドコモは結構真面目に考えているのです。

          翻訳サービスをもっと便利で、もっと楽しく、もっと快適に。「ドコモの翻訳」の進化はとどまるところを知りません。
        ※「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
        ※ iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
        ※ TM and © 2017 Apple Inc. All rights reserved. Apple、Appleのロゴ、iPad、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。