「はなして翻訳アプリ」使用許諾契約書


「はなして翻訳アプリ ソフトウェア使用許諾契約書」(以下「本契約」といいます)は、お客さま(個人又は法人のいずれかであるかを問いません)と株式会社NTTドコモ(以下「弊社」といいます)との間で締結される契約です。
本契約の各条項をお読みいただき、ご同意いただいた場合のみ、本ソフトウェアを使用いただくことができるものとし、弊社が提供するサービス「はなして翻訳」のご利用については、本契約のほか契約約款その他弊社が別途定める条件が適用されます。
また、お客さまが、本ソフトウェアの使用を開始した時点をもって、本契約は成立し、効力を生じるものとします。

第1条 定義

    1. 「本ソフトウェア」とは、弊社が別途指定するオペレーティングシステム(OS)を有するスマートフォン(以下「対象製品」といいます)において次の各号に定める機能(以下「本機能」といいます)をご利用いただくことを目的として、弊社が提供する「はなして翻訳アプリ」プログラム及び付属文書一式をいいます。 また、本機能の詳細は、弊社が別に定めるとおりとします。
      1. はなして翻訳アプリをインストールした対象製品に入力された音声データを本機能提供用のサーバ(弊社以外の第三者が有するサーバを含み、以下「本件サーバ」といいます)へ送信し、文字データに変換されたデータ(以下「変換データ」といいます)を受信するとともに、当該変換データ、もしくは対象製品に入力された文字データを再度本件サーバへ送信し、本件サーバにて弊社指定言語のうちお客さまが指定した言語と日本語との間で翻訳(以下「指定言語翻訳」といいます)されたデータ(以下「指定言語翻訳データ」といいます)を受信する機能
      2. 前号の機能により受信した変換データ及び指定言語翻訳データを対象製品の画面に表示するとともに、指定言語翻訳データを再度本件サーバへ送信し、本件サーバにて音声合成されたデータを受信したうえで音声により再生する機能
      3. 第1号の機能により受信した指定言語翻訳データを本件サーバに送信し、本件サーバにて指定言語翻訳前の言語に再翻訳(以下「再翻訳」といいます)したデータを受信したうえで、対象製品の画面に表示する機能
      4. はなして翻訳アプリをインストールし、且つドコモUIMカード(FOMAカード、ドコモminiUIMカードを含みますが、ドコモ以外の通信事業者が発行するUIMカード及びMVNO事業者が提供する電気通信サービスの提供を受けるためにMVNO事業者から貸与されているUIMカードは含まないものとし、以下同じとします)が挿入されている対象製品を利用して通話をされる際に、当該対象製品に入力された音声データを本件サーバを経由してお客さまの通話相手先が使用する電話機(以下「相手先電話機」といいます)に伝達し、相手先電話機に入力された音声データを本件サーバを経由してお客さまの対象製品に伝達する機能
      5. 前号において本件サーバを経由する際に、対象製品又は相手方電話機に入力された音声データをもとに本件サーバにて作成された変換データを受信するとともに、当該変換データを再度本件サーバへ送信し、指定言語翻訳データを受信する機能
      6. 前号の機能により受信した変換データ及び指定言語翻訳データを対象製品の画面に表示する機能(相手先電話機が、はなして翻訳アプリがインストールされ、かつ、UIMカードの挿入されている対象製品である場合には、相手先電話機においても、変換データ及び指定言語翻訳データを受信のうえ、画面上に表示します)
      7. 第5号の機能により受信した、対象製品に入力された音声データにかかる指定言語翻訳データを再度本件サーバへ送信し、本件サーバにて音声合成したうえで相手先電話機に対して音声により伝達する機能
      8. 第5号の機能により受信した、相手方電話機に入力された音声データにかかる指定言語翻訳データを再度本件サーバへ送信し、本件サーバにて音声合成されたデータを受信したうえで対象製品において音声により再生する機能
      9. 第5号の機能により受信した指定言語翻訳データを本件サーバに送信し、本件サーバにて再翻訳したデータを受信したうえで、対象製品の画面に表示する機能(相手先電話機が、はなして翻訳アプリがインストールされ、かつ、UIMカードの挿入されている対象製品である場合には、相手先電話機においても、再翻訳したデータを受信のうえ、画面上に表示します)
      10. 第6号の機能により対象製品の画面に表示された、対象製品に入力された音声データにかかる変換データ、もしくは対象製品に入力した文字データを修正のうえ本件サーバに送信することにより、指定言語翻訳データを受信するとともに、第6号、第7号及び第9号に準じた機能を利用できる機能
      11. その他前各号に付随する機能

    2. 「対面機能」とは、前項第1号乃至第3号に定める機能をいい、「通話機能」とは、前項第4号乃至第10号に定める機能をいいます。なお、対面機能はFOMAサービスやXiサービスなどのパケット通信サービス及びWi-Fiを通じて、通話機能はFOMAサービス及びXiサービスを通じて利用することができます。

    第2条 知的財産権

    1. 本ソフトウェアに係る知的財産権は、弊社及び第三者に帰属します。弊社は、本ソフトウェアをお客さまに提供し、使用を許諾する権利を有しています。
      本契約によるお客さまへの本ソフトウェアの使用許諾は、お客さまに対する何らの権利移転等を意味するものではありません。

    第3条 使用許諾

    1. 弊社は、お客さまに対して、第1条に定める目的のため、本ソフトウェアを本契約に従いお客さまの対象製品上においてのみ使用することのできる、非独占的かつ譲渡不能の権利を許諾します。

    2. 前項の規定に関わらず、お客さまは、UIMカードが挿入されていない対象製品では本機能を利用することができず、ドコモUIMカード以外のUIMカードが挿入されている対象製品では、本ソフトウェアの通話機能を利用することができません。
      また、お客さまは、ドコモUIMカード以外のUIMカードが挿入されている対象製品にて、1日5回を超えて対面機能を利用する場合、弊社が別に定める対価を支払い利用権を購入する必要があります(UIMカードの種別、対象製品の種別等により利用権を購入いただけない場合があります)。
      お客さまは、1週間利用権(購入日から1週間有効)と月額利用権(定期購入)を選択することができます。

    3. お客さまは、前項に定める対価の支払を、Google又はその関連会社が提供する決済システムGoogle ウォレット(以下「Google ウォレット」といいます)でのみ決済することができます。
      購入完了後お客さまは、Google ウォレットを通じて支払った利用権の対価について、いかなる理由によるものであれ、弊社に対し返金等を求めることはできません。

    4. 弊社は、通話機能の提供のために、本件サーバにおいて対象製品及び相手先電話機に入力された音声データを一時的に録音します。
      なお、弊社は、当該音声データを文字データへ変換して保存し、音声データはその後速やかに消去します。

    5. 弊社は、対面機能の提供のために、次の情報(以下「利用データ」といいます)を本件サーバに保存します。
      なお、弊社は、プライバシー保護の観点から、利用データを、電話番号や識別番号等お客さまを識別する情報と一切関連づけることなく保存するものとします。
      ただし、会話の内容に個人を特定できる情報(氏名、電話番号及び住所等)、財産情報や医療情報が含まれる場合には、当該情報も利用データの一部として保存されることになります。
      1. お客さま(対面機能を利用する第三者を含み、以下本項において同じとします)が、本ソフトウェアを通じて入力された音声データ
      2. 第1号の音声データに基づき作成された文字データ
      3. 指定言語翻訳された文字データ
      4. 再翻訳された文字データ
      5. お客さまが、本ソフトウェアを通じて入力された文字データ

    6. 弊社及び本件サーバを管理・運用する第三者は、利用データを次に定める目的で利用することがあります。
      1. 対面機能の提供のため
      2. 本ソフトウェアの各種機能の有効性評価及び機能改善その他本ソフトウェアの品質向上のため
      3. 本ソフトウェアのご使用状況の計測・分析のため
      4. 本ソフトウェアの障害・不具合時の調査・対応のため
      5. 弊社が提供するサービスの品質向上のため
      6. 弊社の新サービスの開発、マーケティング活動を目的とした、統計・分析をするため

    7. 弊社は、利用データのうち(2)及び(5)を、弊社の子会社である株式会社みらい翻訳に提供します。
      株式会社みらい翻訳は、利用データを自己の翻訳技術その他の製品・サービスの改良、改善のために利用します。

    8. 弊社は、利用データのうち(1)について、英語、中国語(台湾語)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語のデータを弊社の業務委託先であるNuance Communications,Incに提供します。
      Nuance Communications,Incは、利用データを自己の音声認識機能その他の製品・サービスの改良、改善のために利用します。

    9. 本機能において、弊社は、サービスの改善等を目的とした利用状況の分析のためにGoogle Inc.のGoogle Analyticsを使用しています。
      Google Analyticsを用いて記録された情報にはCookieも含まれます。
      Google Analyticsの詳細につきましては、Google Inc.のホームページをご参照下さい。
      ※Google Analyticsは、Google Inc.の商標又は登録商標です。
      ※Cookieにより個人の名前、住所、会話内容を特定できるものではありません。

    10. 本ソフトウェアの使用にあたっては、Wi-Fi(World Wing Wi-Fiを含みません)を通じて使用した場合を除き、ご利用の機能に応じて別途通話料及びパケット通信料等がかかります(はなして翻訳用辞書のダウンロード時及び本ソフトウェアのバージョンアップ時を含みます)。
      なお、パケ・ホーダイフラットなどのパケット定額サービスを契約の場合であっても、日本国外における使用の場合はパケット定額サービスの適用対象外となります(海外パケ・ホーダイが適用となる場合を除きます)。
      海外パケ・ホーダイが適用となる場合であっても、本ソフトウェアの使用により短期間で上限額に到達する場合があります。

    第4条 本契約の変更及び終了

    1. お客さまは、本ソフトウェアを使用しない場合、自己の占有又は管理下にある全ての本ソフトウェアを消去及び破棄することにより、本契約を終了させることができます。

    2. 弊社は、お客さまに事前に通知することなく、本契約を変更又は終了させることができます。
      この場合、弊社は、本契約の変更又は終了の旨を、弊社ホームページに掲載し、又はその他これと同等の方法により、お客さまに対し周知するものとし、当該いずれかの方法による周知の開始のときをもって本契約が変更され又は終了するものとします。

    3. お客さまが、本契約の条項のいずれかに違反した場合、弊社は本契約を解除するとともに、これにより弊社が被った損害の賠償をお客さまに請求することができるものとします。

    4. お客さまは、いかなる理由によるものであれ、本契約の終了に起因して弊社に対し損害賠償、補償金、その他の支払いを求めることはできません。

    5. 契約が終了した場合には、お客さまはいかなる理由においても本ソフトウェアを使用することはできません。
      この場合、お客さまは、自己の占有又は管理下にある本ソフトウェア(本契約に違反して複製された複製物を含む)を全て速やかに再生不可能な方法で破棄および消去するものとします。

    6. 本契約第4条第4項及び第5項、第5条乃至第7条の規定は、本契約終了後も有効に存続するものとします。

    第5条 遵守事項

    1. お客さまは、第1条に規定した目的以外に本ソフトウェアを使用してはならないものとします。

    2. お客さまは、本ソフトウェアを改変し、又はリバースエンジニアリング(主に、内容を解析して、人間が読み取り可能な形に変換することを指します)、逆コンパイル、逆アセンブルすることはできません。

    3. お客さまは、本契約に従って本ソフトウェアを使用する場合を除き、本ソフトウェアの全部又は一部を複製、複写することはできません。

    4. お客さまは、本ソフトウェアの全部又は一部を、有償、無償を問わず第三者に販売、頒布、送信可能化、公衆送信、貸与、譲渡、使用許諾、その他の処分をすることはできません。

    5. お客さまは、本ソフトウェアの使用にあたり、著作権法の対象となる著作物の翻訳については、著作権を侵害しない範囲で使用するなど、著作権等の知的財産権その他第三者の権利を侵害しないよう配慮するものとし、お客さまによる本ソフトウェアの使用により第三者との間で当該第三者の権利を侵害した又は侵害のおそれがあるとして紛争等が生じた場合は、お客さま自身の責任においてこれを解決するものとします。

    6. お客さまは、対面機能の利用により、第三者に損害を与えた場合は、お客さま自身の責任においてこれを解決するものとします。

    7. お客さまは本ソフトウェアを個人的かつ非商業的な目的に限り使用することができるものとし、営利目的のために使用することはできません。

    第6条 責任制限

    1. 弊社は、本ソフトウェアに瑕疵が発見された場合、別に定める方法により、お客さまに対し瑕疵のある旨を通知するとともに、瑕疵のない本ソフトウェアを提供すべく努めますが、その実現を保証するものではなく、また本ソフトウェアの瑕疵に起因してお客さまが被った直接的又は間接的損害(通信機器、ソフトウェア等の破損を含む。)および第三者が被った損害については一切責任を負いません。

    2. 弊社は、本ソフトウェアが第三者の知的財産権その他の権利を侵害していないことを一切保証せず、お客さまが本ソフトウェアに関連して直接的又は間接的に被ったいかなる損害についても責任を負いません。

    3. 本ソフトウェアは、入力された音声データを翻訳する翻訳技術を利用しています。当該翻訳技術及び音声認識の精度などの本ソフトウェアの動作保証をはじめ、お客さまの特定の使用目的への適合性、使用結果の完全性、有用性、的確性、信頼性などについて、弊社は一切責任を負いません。

    4. 弊社は、次に定める場合、お客さまに事前に通知することなく、本機能の全部又は一部の提供を中止することがあります。
      1. 本機能に係るシステムの保守・点検を行う場合
      2. 火災・停電等の事故、地震・洪水等の天災等により、本機能の提供ができない場合
      3. 本機能に係るシステムの障害等により、本機能の提供ができなくなった場合
      4. 弊社が、運用上又は技術上やむを得ず本機能の一時中止が必要であると判断した場合

    5. 弊社は、前項によりお客さま又は第三者に損害が生じたとしても、本契約に別に定める場合を除き、当該損害について一切の責任を負いません。

    第7条 その他

    1. お客さまは本ソフトウェアを国外に持ち出す場合には、日本国及び諸外国の輸出入関連法規類を遵守するものとします。お客さまは、本項の規定に違反した行為により生じるいかなる問題についても、お客さま自身の責任でこれを解決するものとします。

    2. お客さまは、本契約上の地位の全部又は一部を第三者に移転することはできません。

    3. 弊社は、本ソフトウェアを必要に応じ、お客さまへの予告なく変更する場合があります。

    4. 本契約は、日本国の法令を準拠法とします。また本契約に関連する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所として、これを解決するものとします。

    第8条 ソースコードの配布

    1. 本ソフトウェアは、Common Development and Distribution License (CDDL)を含むライセンス条件の下で提供されているオープンソースソフトウェアを含んでいます。
      CDDLに基づきライセンスされるオープンソースソフトウェアプログラムに対応するソースコードは、ソースコードのダウンロードサイト(https://code.google.com/p/javamail-android/downloads/list)より入手することが出来ます。

      以上